2010年09月05日

湯本ワールド。



rueが今読んでいる本。「西日の町」湯本香樹実 (文藝春秋)

それと、rueの図書バック。ヤマエのエコバック(笑)

作家さんの書く文章・設定って才能に満ちてるなぁ。。。
(自分のブログって・・・;)

ちいさなことだけども、出てくる小物にいたるまで、
書かれている情景を想像したりする。。。

読書は頭の中を別世界へ連れてけるので好き。





これは、昨日rueが読んだ本&絵本。

「わたしのおじさん」湯本香樹実 / 植田真・画(偕成者社)
「くまとやまねこ」湯本香樹実・ぶん / 酒井駒子・え


●「くまとやまねこ」は私の大好きな酒井駒子さんの絵です。

なかよしの小鳥の死を、くまが受け入れるまでを書いています。

まわりの動物たちに、小鳥の死をつらいけども生き返らないのだから
忘れなきゃとと言われ、くまは自分の家にとじこもるのですが、

ある日、白い雲のぽっかり浮かんだ空や、
風のにおいに誘われて、久しぶりに外へ出かけます。

そこで出会った土手で昼寝をしていた山猫が、
くまから聞いた小鳥の死について、

「ずいぶん寂しい思いをしているのだろうね」と
共感してくれます。

そして、持っていたバイオリンで、
くまと小鳥の為に一曲演奏してくれるのです。

ようやく小鳥の死を受け入れ、
山猫と一緒に前に1歩を踏み出すくまのお話。



●「わたしのおじさん」は、児童図書です。絵本ではありません。

死と生について書かれた話。
とても不思議な情景が書かれています。
(子供にはちょっと難しいかも)

小さい頃8歳で事故で亡くなった弟と、
これから生まれてくる自分の子供が、
亡くなったおじいちゃん、おばあちゃんと
架空の世界(草原)で過ごしているお話です。


舞台の草原は、姉である女性の心情と直結している草原です。。。
もうすぐお母さんになるようです。


話は、これから生まれて来るであろう自分の子(女の子)
の目線で書かれています。


おじさんは男の子で8歳のまま。

とても繊細で不思議なお話です。
もう一度ゆっくり読み返してみようかなぁ。



で、現実の話に戻りますが、
昨晩のサッカーの親善試合<日本代表vsパラグアイ>、
1-0で勝って良かった!

いつもは、おしゃべりっ子のひーちゃんが、
図書館で借りてきた本に没頭していて、
ゆっくりサッカー観戦が出来ました。(笑)


ひーちゃん、読書がはじまったら、すごい集中力。
彼女の借りてる本は・・・
魔女この なんちゃら、かんちゃら・・・
こんなのを5冊ほど(笑)

たしか、rueも小学生の時、コロボックル(小人)の話に
夢中になりました。

Have a nice day!晴れ


同じカテゴリー(book)の記事画像
アーチ。
どこでも読書。
Shemya Island
甲羅干し。
惚れた。
かみなりむすめ。
同じカテゴリー(book)の記事
 アーチ。 (2018-07-30 12:15)
 どこでも読書。 (2016-10-25 22:12)
 Shemya Island (2016-05-19 11:23)
 甲羅干し。 (2014-11-17 15:28)
 惚れた。 (2013-03-22 21:15)
 かみなりむすめ。 (2013-03-12 20:31)

この記事へのコメント
この前、アリエッティ、観てきたよ。
あっという間に終わってしまった。
クリスマスプレゼントのリクエストは
”床下の小人たち”の本のシリーズね。4作くらい出てるから。

それと、”ハリーポッターと死の秘宝”の映画は11月19日公開だったよ。
2作目は来年の夏公開だって。
あと2ヶ月で観れるよ。
Posted by Saopon at 2010年09月05日 22:23
☆Saopon

了解しましたぁ。

お互い楽しみだねぇ。

Sちゃんと映画見に行こ~っと☆
Posted by rue at 2010年09月06日 06:21
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯本ワールド。
    コメント(2)